Skip to content

一年に一度のご挨拶

一年に一度のご挨拶 published on

メールやLINEなどが普及してしまってから、年賀状がどんどん減る様な気がしています。
しかしこの年賀状、確かに年賀状を作ったり宛名を書いたりと面倒なのですが、案外年賀状を今年はどうやって作ろうかとかどの写真を使おうかなどなど、一年の我が家の集大成を年賀状に込めるみたいなところがあり、案外楽しいところもあるように感じます。
また、年賀状の手間を削減するために、年賀状印刷を代行するサイトも増えています。
とくに銀塩印刷をしてくれるのはありがたいですね。家のプリンターではできませんから、きれいな写真を利用したいときは年賀状印刷サービスが本当に便利だと思います。
ただ、通常印刷の価格と銀塩印刷の価格がことなり、通常は安いのに、銀塩は高かったなんてこともあります。
年賀状印刷の価格比較サイトを見て、割安なサイトで申込みをするのがいいでしょうね。印刷の仕上がりはサイトによって違いは殆ど無いようですから。

そしてもらう年賀状もそうで、滅多い会わない友人などは、写真をみて変わらないなと思ったり、少し老けたなんて思ったり、お子さんたちもこんなに大きくなったんだなんて思ったり、一年に一度の楽しみでもあります。
そこで私の一番印象に残っている年賀状といえば、お子さんの足形を押した年賀状。毎年少しずつ大きくなる足形がいつの間にかお正月の楽しみになりました。

しかしもうそろそろ年賀状から足が大きくなってしまうかなと思っていた次の年にはとうとう足が入らなくなりましたとの年賀状が届き、お子さんの成長を実感するとても素敵な年賀状を頂いていました。
最近年賀状が減る一方ですが、私としてはメールなどよりもとても暖かさを感じる年賀状です。