Skip to content

LINEはFacebookと同期させておくと便利

LINEはFacebookと同期させておくと便利 published on

そのとおりです。LINEはアカウントを作る時にFacebookあたりと同期させておくと、違う端末に変えた時やスマホが壊れた時に焦らなくて済むのでオススメです。

僕は今まで2回ほどLINEのデータを復元し損ねる(他端末に移すことに失敗)しちゃったことがあるのですが、一回はケータイのメアドを、二回目はFacebookのアカウントを同期先(というかLINEとの紐付け先)にしていました。一回目の時は某キャリアのメアドで登録していて、そのメアドを解約してしまった後にLINEのデータが飛んでしまい、修復不可能でした。その悲しい事件から学んだ僕はFacebookなどのオンライン上で管理されているデータとLINEを同期させることにし、それが二回目のデータ移行の時に功を奏しました。この時も端末が壊れてしまい、急遽新しい端末を購入しLINEを入れようとしました。たぶんキャリアのメールとかを使っていたらまたデータの復元はできなかったと思うのですが、Facebookと繋げていたので、難なくデータを移行することに成功しました。

FacebookでなくともYahooメールやG-mailとかでもいいと思いますが、皆さんもLINEを使用する時には万が一のことを考えてデータを簡単に復元できる(移行できる)ようにしておくのがおすすめです。

おはよう、ただいま、おやすみのLINEはいらない派です

おはよう、ただいま、おやすみのLINEはいらない派です published on

最近はメールに代わってLINEを頻繁に使うようになり、グループLINE、個人LINEも含めて、かなりの人数とやり取りをするようになりました。
とはいえ、メールよりも「繋がっている」感の高いツールでもありますので、特に個人LINEについては、ある程度、相手の方のプライベートを阻害しないよう、節度あるやり取りを心がけていました。
それでも、中には「おはよう」にはじまり、「今から昼ごはん食べるよ」「これから会社出るよ」「ただいま」「おやすみなさい」まで、同居もしていないのに逐一報告してくる人がいて、余りの鬱陶しさにほとほと困りました。

グループLINEで親交を深めるためならいざ知らず、個人LINEで家族でもないのにそこまでやられると、正直、厄介以外の何ものでもなくなります。
はじめにLINE交換した時には、その人のキャラクターまで分からなかったので安易につながってしまいましたが、その時の自分の安易さがとても悔やまれます。
これは自分も気をつけなければいけないことでもあり、LINEを使う多くの方にもお伝えできればと思うことですが、個人LINEでどこまでプライベートに踏み込んでいいかは、相手次第であり、あまりに頻繁なメッセージは嫌がられることも少なくありません。

便利なツールだからこそ、使う人が相手を思いやること、使い方をよくよく考えることが大切だと考える次第です。

LINEのトラブル

LINEのトラブル published on

LINEの気毒でトラブルが何回かありました。
1つ目は、私は基本メールをしても問いかけじゃなければ返事を返さなくてもいいかなっという考えでした。しかし、友達からメールがあって確認して放置をしていたら文句を言われたことがありました。
2つ目は恋愛です。いつもは友達に既読の件で怒られるのですが、いざ、自分が好きな人にメールして、既読になっているのに返事がなくそのままスルーされたり、問いかけの文章で送っても返事が遅かったりすると、自分の気持ちが下がっていって、全てがよくない方に考えてしまいました。既読があると、家族なら読んでいるからいいかと思うけど家族以外は結構大変だなと思いました。

既読以外でのトラブルは、名前です。
相手の名前がニックネームかちゃんと名前を入れてない人が何人書いて、送りたい人になかなか送れず、しかも送った人が間違いだったりしてトラブルがありました。
あと、タイムラインも頻繁に投稿する人がイイねを押さないと文句言われるのが迷惑です