Skip to content

以前話題になった「SNS疲れ」というものを実感

以前話題になった「SNS疲れ」というものを実感 published on

今の時代、携帯電話が普及して色々なSNSサービスがありますね。
Facebookが日本に上陸した頃はアカウントを作ったは良いものの、利用者数も少なく
大して使うことがありませんでした。最近では、多くの企業や個人が利用するようになってきたので
久しぶりにFacebookへログインしてみました。

かつての同級生たちや、グループへの参加をしてみたのですが、一度友達申請をすると
次から次へとリクエストが来て、てんてこ舞いになりました。

それだけなら良かったのですが、同級生たちとの交流はまだ良いのですが、新しく参加したグループで
友達になった人たちとの交流は、いささか疲れますね。
彼らが何かを投稿する度に、コメントや「いいね」を残さないといけないのでは、という
義務感にとらわれてしまうのです。

以前、「SNS疲れ」という事が話題になったことがありました。
その時は、何を言っているんだ? という気持ちでよく理解できなかったのですが
今更ながらにその意味を実感し始めています。

最も、自分の世界が広がっていく快感には及びませんが。

Categories